よこまる皇国の株式FX戦記

よこまる皇国の株式FX投資戦記です。不敗の凍死家をめざして!

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/11/19 16:00

日本レジデンシャル投資法人(8962) 

今回の物件取得中止と違約金支払はベストではないが・・
現状において生きるためにはいい選択だった。
外部環境の急速なる悪化をさすがに読めなかったろう。
H20.5の決算短信を元に思考している。
プラスキャッシュフローは億以下切り捨て。
マイナスキャッシュフローは億以下切り上げ。

20.5期末現金残高103億。
20.5期当期利益36億。
20.5期減価償却費18億。
20.5期減価償却費18億+5期当期利益36億が正味の現金収入と仮定。
すると毎期54億の現金収入があると仮定。

しかし、年間100億の黒字キャッシュフローがあるのに資金繰り懸念とは・・
いかに、今が逝き経済状態か分かる。

金融機関のリ・ファイナイスは100%問題ないと思っている。懸念は投資法人債だけだ。

IR資料より...
20.11期の物件売却の26億
20.11期の違約金の特損24億
20.11期の借入金繰上げ返済17億
20.11期の配当金支払7億
と設定。



































20.5期末現金残高 +103
20.11期の現金収入 +54
20.11期の物件売却 +26
20.11期の借入金繰上げ返済 -17
20.11期の違約金の特損 -24
20.11期の配当金支払 -7
21.5期の現金収入 +54
21.5期末現金残高 189

投資法人債償却まで21.11期3ヶ月経過しているので現金収入+27

7期の配当金支払は、今回のように...
物件を必要最低限売却処分して売却損を出す。売却損で配当を抑制して
物件売却の現金収入を上乗せする。

投資法人債償却時の推定現金残高216億+α

8期後半
H21.9.11の投資法人債60億
H21.10.25の投資法人債120億

21.11期の投資法人債は、20億程度物件を売って手当てすれば全償却可能。
180億償還すればLTVかなり改善できる。

そうこうしているうちに金融も最悪期を脱すると思っている。

コメント

コメントの投稿


Secret : 管理者にだけ表示を許可する

マネパ(使用しているFX屋)


スリップしない約定能力が最高です。スリップして不利な価格で約定してしまっては意味がないですからね。
チャートなどのツールも神クラスですね。
ドル円1.2pips(8/2-)でスベリなしとは!神約定だな。狭いところはすべって約定しないこと多々あり。
表示された値で必ず約定するので、ロスカット等でイカサマされることがないのが最大の利点です。

スワップ金利NO.1


豪ドルのスワップ金利116円/日は業界一だと思う。
スワップ派向けのFX屋さん。

スター為替(くりっく365・税金優遇)


税金が一律20%なのが魅力です。中長期投資ならここですね。
くりっく365のなかで一番手数料が安く、注文機能も充実していると思う。

為替相場

最近の記事

ためになる本


投資に関する精神論ではバイブルだと思う。

Y!経済ニュース

宅配DVDレンタル


これ楽だね。レンタル屋に行く必要がなくなった。

FXツイート

Twitter < > Reload

ブログ内検索


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。